自己破産をしたからといって、周囲や会社に連絡がいくことはまずありません。

ただし、会社からの借入金がある場合、会社も債権者になりますから、債権者として会社にも連絡がいくことになりますので、会社に自己破産の事実は発覚することになります。

また、借入れに連帯保証人がついている場合、破産をすると債権者 は連帯保証人に対し請求しますので、連帯保証人には発覚すると思います。

自己破産をすると、官報に公告されることになります。官報を詳しく見ている方がいるとそこから自己破産の事実が発覚することがないとはいえませんが、その可能性はそれほど大きくないと思います。